What's HAREnoHI

2021211_210310_edited.jpg

HARENOHI

個人戦バスケット

ボールリーグ

チームに所属していない個人プレイヤーにフォーカスしたバスケットボールリーグ。

参加プレイヤーは2試合毎に変わるチームメイトとゲームを楽しむ&チームを勝利に導く。

新たな仲間とチームワークを築き上げ、

「晴れの日」を勝ち取れ!

勝利の立役者になる

上手い人が勝つ?いいえ、HAREnoHIは違います。

チームを勝たせた人の勝利です。

大げさな事をいうと1点も決めなくても、

ボールに1回も触らなくてもチームが勝利すればいいんです。

 

参加プレイヤーのやることは沢山あります。

チームメイトとコミュニケーションをよく取り、

戦略を練り、味方をカバーし

チームメイトと対戦相手をスカウティングしなければいけません。

今日の敵は明日の味方です。

もちろん

今日の味方は明日の敵でもあります。

Regulation

BASIC REGULATION

時間について

  • 各試合時間は8分クオーターで時間流し。

  • 各クオーターの残り30秒からゲームが止まる全てのシチュエーションで時間を止める。

  • 3秒、5秒、8秒、レフリーに一任する。

  • タイムアウト(以下、T.Oと称す)は各1チーム各クオーターで各1回ずつ、30秒を与える。T.Oの申請は出場選手は審判へ、ベンチはオフィシャルへ申請する。申請後、ゲームが止まる全てのシチュエーションで施行されます。

  • ケガ等の場合レフリー、オフィシャルは自らの判断で時間を止める事が出来る。

HAREnoHIローカルルール

  • パーソナルファウルは1試合で4回まで、4回以降は退場としその試合のプレーは禁止する。

  • チームファウルは各クオーターでクリアする。各クオーター5回目以降にファウルを行うと、シュート動作中のファウルでなくても、相手チームに2本のフリースローが与えられる。

  • 男性から女性への激しいディフェンス、過度なボディコンタクトはファウルとする。

  • レフリーへの過度な主張、暴言はテクニカルファウルの対象となる。

  • コートの中はもちろん、コート外での過度な主張、暴言はテクニカルファウルの対象とし、次回の試合時に個人ファールカウントに追加する。

  • チームの代表者(ゲームキャプテンを選任する)のみが、運営部に主張、申し立てを行う事が出来る。

  • 女性プレイヤーは1点プラスの加点を行う。女性がフリースローになった場合、2点エリアの場合、3本のフリースロー、3点エリアの場合、4本のフリースローを与える。また、カウントになった場合、フリースローは2本となる。

リーグの形式

  • 1試合目から6試合目までをレギュラーシーズンとして総当り戦で行い7試合目、8試合目はプレーオフとしてトーナメント戦で行う

  • 2試合(1節)終了時にてチーム変更を行い、次回の試合までに練習等を行うことができる。

  • MVPは勝利ポイントを最も多く獲得したプレイヤーとする。勝利ポイントは各試合の勝利チーム全員に勝利ポイント3を加える。勝利ポイントが並んだ場合は全参加選手によるMVP投票を行なう。

その他のルールに関して

  • 棄権者や怪我人が一定を超えた場合、運営事務局からプレイヤーの補充を行うことがある。

  • 国際バスケットボール連盟(FIBA)が定めた「Official Basketball Rules 2020」に準拠する。

代表者からのメッセージ

今回、このリーグ戦を作るにあたり、各方面からのご支援、ご支持を頂き等を頂き誠にありがとうございました。この場を借りて御礼申し上げます。

特に、スポンサーの皆さまには感謝しかありません。

皆さまのご期待に答えるよう邁進して参りますので、ご指導ご鞭撻のほどよろしくおねがいします。

HAREnoHI代表 高橋旭